切手が1枚1万円!?切手の驚きの価値

切手ブーム以前の切手の中には高額な切手も


切手の買取りを行ってくれるお店は多くありますが、切手の買取り価格は額面を下回るケースが多く低迷しているとも言われています。
切手の額面は郵便料金の金額として利用される、切手に記されている金額です。
葉書を出す場合には52円と言う郵便料金がかかりますが、52円の額面の切手を葉書に貼る事で郵送して貰えると言う事です。
この額面を下回ると言う事は、購入時よりも低い金額で買取りが行われるため、切手を処分する場合には最初に支払った金額よりも安くなってしまう事になります。
但し、切手の額面は円単位だけではなく銭や厘と言った単位もあります。昭和の初期頃までは通貨単位として銭や厘が利用されていたわけですから、これらの額面を下回ると言う事は1円にも満たない事になってしまいます。
しかし、切手の価値はブーム以前のものであれば額面を大きく上回る金額で取引されるケースが多くあるのです。

額面を大きく上回る切手とは


切手収集を行っていた人の中には憧れとも言える切手として、切手趣味週間シリーズの「月に雁」や「見返り美人」と言った切手が在る事をご存知の人は多いのではないでしょうか。
「月に雁」は1949年に発行された8円切手、「見返り美人」は1948年に発行された5円切手で、何れも状態が良いものであれば、買取り価格は1万円前後になるなど、額面を大きく上回る切手として有名です。
切手ブームが起きたのは1960年代と言う事からも、ブーム以前に発行された切手の多くは額面よりも高い金額で取引が行われるケースが多くあります。
更に、事変などにより多くの切手が消失されたものなどの場合、現存数自体が極端に少ないため、高額での取引が行われる事も少なくないなどお宝切手が多数あります。